アメリカに留学するには、学生ビザを取得する必要があります。アメリカで行く予定の学校からの入学許可書などが必要で、学生ビザのことを「F1ビザ」と呼びます。このF1ビザがないと、長期滞在ができませんし、いろいろなことが制限されるので、留学するときには必ず取得しなければならないビザです。

 

在学中に一時帰国するときには、学校からの書類をもらって、アメリカに再入国するときに必要になります。学生ビザは学生ならだれでも手にすることができるもので、パートタイムでクラスを受ける人にはおりません。フルタイムの学生でなければ学生ビザは取れないのです。

 

留学ビザのメリットとしては、学校を卒業したら、そのあと1年間は合法的にアメリカに滞在することができるようになっています。

 

その間に、仕事を探したりすることができるのです。観光だったら3ヶ月まではビザが必要ありませんが、留学の場合は3ヶ月以上になるので、学生ビザが必要になって、取得してから渡米する必要があります。